半月板損傷

小川院長

  • 膝の曲げ伸ばしが出来ない
  • 階段の昇り降りで膝が痛む
  • 膝に引っかかる感覚がある
  • 正座が出来ない
  • 半月板損傷だと診断された

半月板とは、膝の関節の中にある軟骨の事です。

片方の膝関節に2つの半月板が存在しており、膝関節のクッションの役割関節を円滑に動かす役割があります。

半月板が損傷してしまうと
膝が動かしにくくなったり、痛みを感じてしまいます。

 

半月板損傷の原因は?

半月板損傷の原因は大きく分けて2つです。

1つ目。

スポーツ中の怪我から生じる場合

体重がかかっている時に、膝を捻ってしまったり
他の選手と接触した際の衝撃によって
膝関節内の半月板が損傷します。

その際一緒に損傷しやすいのが前十字靭帯です。

2つ目。

加齢による場合

半月板は年齢とともに劣化していきます。
その為、40歳以上になると半月板損傷を起こしやすくなってしまいます。

つつじヶ丘駅前整骨院の半月板損傷に対する治療

つつじヶ丘駅前整骨院では半月板損傷に対して,まずは痛みの除去を目的とした治療を行います。

半月板損傷の痛みが強い方

施術風景特に痛みが強く出ている方には
こちらのハイボルトという電気治療器を使用し、痛みを取り除きます。
このハイボルトという機械は神経に直接作用し、痛みの原因となる炎症を抑えることが出来ます。

また、炎症がどこに起きているのかを検査することも出来るので、
今後、根本的な治療をご希望の方へ最短でお悩みを改善していく方向性をご提案することが出来ます。

ハイボルテージ施術 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

半月板損傷の根本原因が骨格の歪みにある方

施術の様子膝の負担を減らすには膝周りだけを治療しても効果は薄いです。

たとえば、膝と股関節を両方ともまたぐ筋肉は多く存在する為
股関節の歪みが強ければ強いほど、膝にかかる負担は増加していきます。

他にも例を挙げるときりがないですが、骨格が歪んでいるせいで膝の怪我をしてしまうケースはいくつもあります。

つつじヶ丘駅前整骨院では今後痛みや怪我が起こりにくくする為の骨格矯正治療を行っています。
・患者様のお身体を大きくゆっくり動かすことで関節の動きを整える手技療法
・トムソンテーブルという機械を使い細かい関節のミリ単位で矯正するトムソンテーブル矯正
という2種類の矯正治療により、患者様のお身体の悩みにアプローチしていきます。

猫背・姿勢矯正
https://tsutsujigaoka-ekimae.com/method/shisei/
骨盤矯正
https://tsutsujigaoka-ekimae.com/method/kotsuban/

半月板損傷の原因がインナーマッスルの低下にある場合

先程も述べたように、半月板損傷は骨格の歪みから起きる場合がございます。
ではなぜ骨格が歪んでしまうのか?

それはインナーマッスルの筋力低下にあるかもしれません。

インナーマッスルとはお身体を支えるための重要な筋肉です。
この筋肉が低下すると、身体を支えることが難しくなり
日常生活の負担で骨格が歪んでしまいます。

つつじヶ丘駅前整骨院では、このインナーマッスルを寝たまま鍛えられるトレーニングがあります。

歪んだ骨格を整えても、それを支える筋肉が無ければ
骨格はいずれまた歪んでしまいます。

そうならない為にもインナーマッスルの強化はとても重要です。

インナーマッスルトレーニング | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)