オスグット

  • お子さんで、蹴る・ジャンプするスポーツをしていると膝に痛みが出る。
  • 正座など膝を曲げる姿勢をとろうとすると痛みがでる。
  • 太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が硬く動かしづらい。
  • 膝の下の骨が出っ張って痛みや腫れがある。
  • 膝が痛くてスポーツや日常生活に支障が出てしまっている。

10~15歳の成長期のお子さんで
膝の痛みや腫れ、膝の下の骨がでっぱっていて
スポーツや日常生活に支障が出ていたりしませんか?

少しでもお悩みの方は当整骨院へご相談ください。

 

オスグットってどんなもの?

10~15歳の成長期の子供に多く、
特に男児に多く発生します。

サッカーやバスケットボールなどの
蹴る・ジャンプすることが多いスポーツをしている子供に
多く見られます。                   

また、太ももの前の筋肉の使い過ぎによって、
柔軟性が低下し硬くなってしまいます
そうすると、成長期の子供の骨は弱いため、
脛骨粗面という膝の下を筋肉が引っ張ってしまい出っ張りが発生します。

オスグットはどんな状態になるの?

オスグットで起こる症例は、
膝の下にある脛骨粗面を押されると痛み(圧痛)
そして腫れ熱感も見られる場合があります。

また、初めは正座や膝を曲げる姿勢や運動時に痛みが発生し、
蹴る・ジャンプするなど太もも前の筋肉を
強く収縮させた際に痛みが発生します。    

進行していくと筋肉によって骨が引っ張られ、
膝の下の部分に膨隆が認められます。

場合によっては、
痛みなどによってスポーツ時に支障が出てしまったり、
膨隆が邪魔してしまい、正座など出来ず日常生活にも支障が出ることもあります。

成長期が終わる18歳ころには状態は治まります。
しかし、骨の膨隆が残ったまま治癒する場合があります。

成長期後も日常生活に支障が出ることもあります。

そのため、早期の施術が必要となってきます。

当整骨院での施術方法

つつじヶ丘駅前整骨院はご利用者様、一人一人のお身体の状態や、日常生活のお悩みをヒアリングさせていただき、原因をまずはしっかり探していきます。

痛みやシビレの症状が強い方には

ハイボルテージ施術を提案致します。     ハイボルテージ療法
この施術では、痛みの原因を探りながら、
筋肉の炎症・神経の興奮を抑え痛みの
早期除去をしていきます。

ハイボルテージ施術

痛みがあまりない方には、マッサージ
テーピング療法矯正治療を用いて
早期のz塔体回復を行っていきます。

少しでもお悩みの方は、当整骨院にご相談ください。
お悩みにあった施術を行っていきます。