坐骨神経痛

  • デスクワークをしているとお尻がつらい
  • お尻と太ももが痺れるように痛い
  • 長時間立っていることがつらい
  • 散歩の時に頻繁に休憩をする
  • 身体を丸めると痛みが増す

長時間座っているとお尻や太ももが痛くなってしまう方
もしかしたらその症状、坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛は骨盤や背骨の疾患によって起こる症状です。原因となる疾患に対処しなければ
症状が強く残ることがあります。
上記の症状に心当たりがある方はお早めに当院へご相談ください。

 

坐骨神経痛とは?

腰痛の説明の様子坐骨神経痛はお尻~太ももにかけて痛みが出る症状の名前です。

原因は様々ですが、デスクワークの方に多いと言われています。

坐骨神経痛は病気の名前ではありません!
腰部の疾患が原因で起こる下肢痛の名前です。
梨状筋症候群や腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などの疾患が原因で起こることが多いと言われています。

坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経は腰椎から足のつま先まで走るとても長い神経です。
何かしらの原因で坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みや痺れなどが起こる症状を
”坐骨神経痛”といいます。

主な原因となる疾患

梨状筋症候群
梨状筋は坐骨神経を挟んでおり、この筋肉が硬くなことで神経が圧迫されお尻や太ももにビリビリと痺れるような痛みが現れます。

腰椎椎間板ヘルニア
日々の生活の中で腰椎の椎間板と呼ばれる箇所に負担が積み重なりお尻や足に痛みと痺れが現れます。
場合によっては手術をする必要がありますので、症状が気になる方はお早めにご相談ください。

腰部脊柱管狭窄症
神経の通り道である脊柱管が狭まることで神経が圧迫されて起こる疾患です。
腰部脊柱管狭窄症の場合、お尻や足だけでなく腰に痛みが現れることもあります。
歩くと痛みが出るのに、少し休むと症状が緩和する(間欠性跛行)のが特徴的な疾患です。

 

つつじヶ丘駅前整骨院の坐骨神経痛へのアプローチについて

神経の通り道に異常が起こることで坐骨神経痛を起こす為、通り道そのものを正しい状態にしていく必要があります。

また、原因となる疾患次第では日常生活に支障をきたしたり
手術が必要となるケースもあるので、症状が出た際に早めの対処をお勧めします。

痛みが出る場合

施術風景痛みを取るのに特化したハイボルト療法があります。

坐骨神経痛の場合、坐骨神経が刺激を受けて痛みが起きます。このハイボルト療法では身体の痛みを抑えながら、長く走る坐骨神経のどの部分に原因があるのかを検査することが出来ます。

ハイボルテージ施術 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

原因が骨格の歪みにある場合

施術の様子坐骨神経のストレスを減らすためにはその通り道にアプローチする必要があります。神経の通り道は骨格の影響を大きく受けるので、再び痛まない身体づくりをする為に姿勢矯正をする必要があります。

つつじヶ丘駅前整骨院の姿勢矯正は、患者様のお身体を大きく動かし関節や筋肉を整える手技療法と、機械を使い、細かい関節をミリ単位で動かすトムソンテーブル矯正を行うことが出来ます。

2つのオリジナルの矯正を行うことで
患者様のお身体をしっかりとサポートさせていただきます。

骨盤矯正 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

インナーマッスルが弱くなり痛みが出ている場合

インナーマッスル強化機械を使って体幹(インナーマッスル)を寝ながら鍛えられるトレーニングがあります。

整えた骨格が再び歪まないように支えたり、疲労や負担に負けない身体づくりをするためにもインナーマッスルの強化はとても重要なポイントです!!

インナーマッスルトレーニング | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)