寝違え

  • 朝起きたら首が痛い
  • 肩や腕に重だるさがある
  • 首を回すと痺れるように痛い
  • 首を上手く動かせない
  • 症状が何度も繰り返し起きてしまう

朝、起きたら首が痛くて動かせない…。
そんな思いをした人は多いのではないでしょうか?

その症状は”寝違え“かもしれません!!

朝からそんな痛みを抱えていたら、その日の気分も落ち込んでしまうかもしれません。

そもそも、なぜ寝違えのような症状が起きてしまうのでしょうか?

 

寝違えの原因とは?

なぜ寝ている間に首が痛くなってしまうのでしょうか?
次のような事に心当たりはありませんか?

枕の高さが合っていない
皆さんは自分の首の形を知っていますか?
首の湾曲は人それぞれ特徴があります。
その人に合った形の枕を使わないと、寝ている間に負担が溜まり痛みが出てしまうことがあります。

不良姿勢
筋肉は消耗が激しければ、その強度がたちまちに落ちてしまいます。
姿勢が悪いと筋肉に本来必要のない負担が溜まってしまうので、寝ている間にダメージの回復が間に合わなくなってしまいます。

寝ている時に体が冷えてしまう
睡眠時の体温が低いと血流が低下し、筋肉に十分な酸素や栄養が行き届きません。
そのため、適切な回復が行われずに痛みとして症状が現れることがあります。

寝返りが少ない
仕事で疲労がたまった状態では睡眠時の寝返りが少なくなってしまいます。
結果、同じ姿勢を取っている時間が長くなるため筋肉が硬くなりやすくなります。

これらの事に少しでも心当たりがあれば、寝違えを起こす可能性が十分にあります。
まずは、筋肉の状態をしっかりと把握し、予防・対処する必要があります。

つつじヶ丘駅前整骨院の寝違えに対するアプローチ

痛みが強い場合

痛みが強く出ている時は、まずはその痛みを取ることを最優先しましょう。
つつじヶ丘駅前整骨院には痛みを取ることに特化したハイボルテージ施術があります。

このハイボルテージ施術は神経の興奮を抑えて痛みを取ることができ、さらには痛みの原因がどこにあるのかを調べることが出来る優れものです!

ハイボルテージ施術 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

骨格の歪みが原因の場合

寝違えは日常生活における不良姿勢から首や肩に負担が溜まり痛みが出ます。
不良姿勢の原因である”骨格の歪み”を正すことによって
負担が溜まりにくい身体を作る必要があります。

つつじヶ丘駅前整骨院の姿勢矯正では私たちが患者様の関節の動きを良くしていく手技療法と、トムソンテーブルという機械を使いお身体のミリ単位のズレを調整する矯正が行えます。

患者様のお身体を良くしていくために、2つのオリジナルの矯正をさせて頂きます。

猫背・姿勢矯正 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

インナーマッスルの低下から影響を受けている場合

インナーマッスル強化インナーマッスルの筋力低下により、骨格を正しく保つことが難しくなり
歪んでしまうことがあります。
骨格の歪みは寝違えの原因の一つなので、骨格を支えるインナーマッスルの強化は必須です!

つつじヶ丘駅前整骨院では機械を使い寝たままインナーマッスルのトレーニングをすることが出来ます。

現時点で筋力がどれだけあるのかという指標を出すことも出来るので
まずは患者様の現在位置を知ることが重要です。

インナーマッスルトレーニング | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)