腰椎分離症

  • 青少年のスポーツ選手で腰痛がある方
  • 腰を曲げていて激しい痛みがある方
  • 安静にしていても腰に重い感覚や怠さがある方
  • 腰痛が続いている方
  • お尻やふとももに痛みや痺れが出ている方

 

 

腰痛の説明の様子

腰が痛いのにそのままにしていませんか?

ただの腰痛だと思いそのままにしてしまうと、悪化してしまい大変な事に…
腰痛を軽く考えずに、一度つつじヶ丘駅前整骨院に相談して下さい!!

 

腰椎分離とは

腰痛の女性のイラスト

背骨を構成する頚椎、胸椎、腰椎、仙骨とあります。
腰部の前後屈や捻る動きが度重なるストレスによって第5腰椎の関節突起間部と
呼ばれる場所の連続性が断たれている状態(骨折している)を腰椎分離と言います。

この症状は10歳以降のスポーツ活動を行っている男子に多くです。

主な症状としては腰痛が上げられます。特に腰を後屈(後へ反る)を行うと痛みが増します。
酷くなると安静にしていても腰に重さ感覚や怠さが出る事もあります。
またお尻から太腿にかけて痛みや痺れが出る方もいます。

発症しても痛みが無い場合があります。
気付くのが遅くなり大人になってから痛みが出る場合があるのでご注意ください。
腰痛が2週間以上続く場合は、腰椎分離の可能性が高いと思います。

腰椎分離の原因とは?

ほとんどが10歳以降(青壮年)のスポーツ活動を過度に行う事で起こります。
腰部の前後屈や捻る動作した際の負担が腰の骨(腰椎)の突起部に繰り返し加わり
生じる骨折の事です。

発症原因から疲労性の骨折と言います。
サッカーやバスケなどに接触が多いスポーツに起こる事があります。
他に様々なスポーツで発症している事例があります。

またスポーツをしていなくても、ご自身の筋肉に見合っていない動きや負担のかけ方、
疲労の蓄積をしている方でも起きやすいので注意して下さい!!

 

腰椎分離へのアプローチについて

腰椎分離は痛みが出ない事もあり、気付くのが遅れる場合がります。
遅れてしまうと骨癒合期間を過ぎてしまう場合があります。

適切な時期に治療を受けないと大人になり症状が強く出る事もあります。

○痛みが強く出ている場合

施術風景

強い痛みの場合、当院ではハイボルト療法を行います。
痛みの緩和をハイボルテージ電気機器を使ったハイボルト療法があります。

腰椎分離の場合、第5腰椎関節突起間部に炎症が起きて痛みが強く出ている事が多いです。
このハイボルト療法であれば痛みを取りながら原因がどこにあるか検査を行います。

ハイボルテージ施術 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

○原因が骨格の歪みにある場合

骨格の歪みトムソンテーブル

腰部の負担を減らす為に正しい姿勢、骨格を正していかなければなりません。

つつじヶ丘駅前整骨院の姿勢矯正は、私達が患者様のお身体を関節の動きを良くしていく
手技療法と、機械を使いお身体のミリ単位の調節するトムソンテーブル矯正が行えます。

患者様のお身体を良くしていく為に、2つのオリジナルな矯正をさせて頂きます。

骨盤矯正 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

○インナーマッスルが弱くなり痛みが出ている場合

インナーマッスル

インナーマッスル(体幹)を寝ながら鍛える事が出来る機械があります。

正した骨格を支えたり、日常生活の疲労や負担に負けない身体作りを行う為にも
インナーマッスルの強化は重要なポイントです!!

インナーマッスルトレーニング | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

当院では、まずは今あるお悩みを解決させて頂く治療を行います。

その後、再び痛みが出ない様に根本的な原因に対して治療を行います。

患者様のお悩みの合わせて治療を行って行きます。
つつじヶ丘駅前整骨院がお手伝い出来ればと思います。