腸脛靭帯炎/ランナー膝

  • 膝を曲げ伸ばしすると痛みが出る
  • 膝の外側に痛みを感じる
  • 長距離のランニングをしている方
  • 坂を下る際に痛みが出る
  • ランニングシューズが足に合わない

問診腸脛靭帯炎(ランナー膝)とはランニングなどにより膝関節の外側に痛みが生じる状態の事です。

腸脛靭帯は太ももの外側を通る長い靭帯の事で、これが大腿骨とこすれることで炎症が起きてしまいます。
初期のころには運動時に痛みが発症し、休むと消失しますが
痛みを抱えたまま運動を続けてしまうと痛みが強くなることもありますので、膝に痛みが出た際はお早めにご相談ください。

 

 

腸脛靭帯炎/ランナー膝の原因は?

腸脛靭帯炎はひざの曲げ伸ばしの際に大腿骨とこすれてしまい、
これが何回も繰り返されることによって炎症が起こります。

よって、長距離を走る陸上選手バスケット選手自転車競技者などによくみられる状態です。
他にもランニングシューズが足に合わない柔軟性の低下なども原因として挙げられます。

つつじヶ丘駅前整骨院の腸脛靭帯炎/ランナー膝に対する施術

痛みの少ない初期状態の時に施術を始める事で、早い回復が見込まれますので
痛みが気になる方はお早めにご相談ください。

腸脛靭帯炎/ランナー膝による痛みが強い方

施術風景靭帯の炎症によって痛みが強く出てしまうと、日常生活に支障が出てしまうこともあります。
当整骨院では炎症に直接アプローチして痛みを比較的早く軽減させるため施術法があります。

ハイボルテージ電気機器を使用したハイボルト施術です。
この機械は痛みの軽減を得意としており、強い痛みが出ている場合にオススメの施術メニューです。
また、ハイボルト施術では痛みが増強している原因を探ることも出来るので
今後根本的な施術を行う上で最短でお身体を良くしていく方向性をご提示することが出来ます。

ハイボルトはこちら
https://tsutsujigaoka-ekimae.com/method/highvoltage/

腸脛靭帯炎/ランナー膝の原因が骨格の歪みにある場合

特殊ベッドでの施術腸脛靭帯炎は骨格の歪みにより発症リスクが高まります

いわゆる”O脚”になってしまうと、大腿骨が外側に開くことで腸脛靭帯と触れやすくなってしまいます。

O脚の原因に関しても骨盤の歪みや、それによる太ももの筋肉の硬さが考えられますので、根本的な解決をお考えの方は当整骨院の骨格矯正をお勧めしております。

当整骨院の骨格矯正は施術者によりお身体の正しい動きを行う手技の施術
特別な機械を使用し、骨格をミリ単位で矯正するトムソンテーブル矯正がございます。

2種類のオリジナルな矯正治療を行うことで、ご利用者様のお悩みに対して全力で対処させて頂きます。

骨盤矯正
https://tsutsujigaoka-ekimae.com/method/kotsuban/
猫背・姿勢矯正
https://tsutsujigaoka-ekimae.com/method/shisei/

インナーマッスルの低下により骨格が歪んでいる場合

普段、正しい姿勢を保てないのにはいくつか理由があります。

その一つが【インナーマッスルの低下】です

インナーマッスルとは、骨格を支えて正しい姿勢を保つ筋肉です。
この筋力が低下してしまうと骨格が歪み、ケガをしやすい身体になってしまいます。

当整骨院では、電気で刺激を加えることでインナーマッスルを鍛えるトレーニングプランがございます。
このインナーマッスルトレーニングは寝転がったまま行うことが出来るので
運動が苦手な方や、筋トレが長続きしない方などにオススメです。

インナーマッスルトレーニングはこちら
https://tsutsujigaoka-ekimae.com/method/innermuscle/