肋間神経痛

  • くしゃみをした衝撃で痛みがあった
  • 肋骨に沿った痛みがあった
  • 寝ている体勢でも痛みがあった
  • 深呼吸をすると痛みがあった
  • 上半身を捻ると痛みがあった

説明の様子肋骨に沿った痛みにお悩みの方はいませんか?

その症状、肋間神経痛の疑いがあります!

 

痛みを抑えるだけでなく、原因を取り除くことも力になれるかもしれません。

是非当院にご相談ください。

 

肋間神経痛とは

腰痛の女性のイラスト

肋骨に沿って走行している肋間神経という神経が障害されることによって痛みや不快感といった症状が出ている状態を肋間神経痛と言います。

肋間神経の障害によって出現した症状を総称して肋間神経痛と呼ぶため、正式な病名ではありません。

 

3、40代以降に比較的多くみられますが原因は多々あります。症状の感じ方も様々なので、治療はその人の原因・症状を診ながら行う必要があります。

種類と症状

肋間神経痛には大きく2種類あります。

一つは、原因が明らかでない原発性肋間神経痛です。

呼吸が出来ないほどの痛みや左右どちらかに偏った鋭い痛みが特徴です。

 

もう一つは、原因となる病気が別にある続発性肋間神経痛です。

胸椎椎間板ヘルニア、黄色靱帯骨化症、腫瘍などで肋間神経が圧迫されて症状が出る場合と、

帯状疱疹ウイルスによって神経が障害されて症状が出る場合があります。

帯状疱疹ウイルスが原因の時は、皮膚症状が出ることもあり、「ピリピリ」「じくじく」といった痛みが特徴です。

改善のためには

肋間神経痛は人によって症状の出方が異なる為、その人その人に合わせた治療を行うことが重要です。

 

当院では、痛みが強い場合に最先端の電気医療機器を使用した、痛みを除去する為の検査や治療を行います。

ハイボルテージという施術で神経の興奮を抑えて痛みを取り除きます。

即効性があるのがこの電気の特徴です。

ハイボルテージ

 

ハイボルテージ施術 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

 

しかし、ハイボルテージ施術のみでは痛みの原因を取り除くことはできないことがあります。

その際は、原因となる不良姿勢の矯正免疫機能向上の為のインナーケアなどを提案させて頂きます。

施術の様子不良姿勢が癖になっている方は、歪んだ骨格や負担がかかって固くなった筋肉が肋間神経を圧迫している可能性があります。神経は圧迫されると痛みやシビレなどの不快感が出る為、圧迫している原因を取り除く必要があります。

当院では手技による矯正で大きな関節・筋肉に対するアプローチと、

トムソンテーブルを用いた細かな関節・筋肉に対するアプローチを組み合わせて骨格矯正を行います。

猫背・姿勢矯正 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

 

ハーブザイム筋肉が慢性的に固くなっている方や、免疫力の低下によって症状が出ている方には食事面からのインナーケアが必要となります。

柔らかくて良い筋肉を作るためには、腸で筋肉のもととなる栄養をしっかり吸収する必要があります。腸には免疫細胞も多数(全身の60%)存在するため、免疫力の維持にも深く関わっています。腸内環境を整えることで肋間神経痛の症状を抑制・予防することが可能です。

腸に負担をかけない食材や、腸内環境を整える食事の摂り方を指導させて頂きます。

自力での食事管理が難しいと感じる方は、腸内環境をサポートしてくれる健康商品を提案いたしますので、ご相談ください。

栄養・体質改善 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

 

対症療法と根本治療を組み合わせた治療で、再発しないお身体を一緒に作っていきましょう。