足底筋膜炎

  • ランニングや散歩をしていて足裏が痛む
  • 起床してからの歩き始めで足裏が痛む
  • 休んでから歩いても足の裏が痛む
  • かかと周辺を押すと強く痛む
  • 立っているだけでも足の裏に痛みが走る

足の裏に痛みで歩くことすら辛くなると、日常生活が脅かされてしまいます。

足底筋膜炎を放置していると最終的には手術が必要な状態になる場合もある為、一度ご自分の状態を把握して今のうちにケアをしておくことをおすすめします。

 

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎は足の裏に大きな衝撃が繰り返し掛かり続けることで痛みが引き起こされてしまう状態です。

繰り返し足裏に負担を掛けることで炎症が起きてしまい、足底筋膜に小さな傷ができて痛みが生じてしまいます。
足底筋膜はかかとの骨から始まり、足の指にまで広がっている繊維組織の束になります。

 

この足底筋膜には二つの重要な役割をもっています。

・足裏のアーチ状の構造を保持している
足裏の土踏まずはアーチ状になっていて体重からの重さに対して支えるようになっています!
足底筋膜は足裏を弓の弦のように張った状態に構成されています。

・地面からの衝撃に対して負荷を吸収するクッション
足底筋膜が構成している足裏のアーチは、足を地面に着いた際の衝撃に対して身体に負担が掛からないように吸収する役割があります。

足底筋膜になる原因は何か

足底筋膜炎になる原因の一つとしては激しい運動などによって繰り返し足裏に衝撃を与え続けて負担を掛けすぎてしまうことが考えられます。

激しい運動以外にも、通常よりも長い距離を歩いた時や、階段を勢いよく駆け下りたりするなど日常生活で足の裏に負担を掛けてしまうことで痛みを引き起こしたりもします。

また、足裏のアーチ構造が落ちている偏平足の人は足底筋膜炎になりやすい場合が多くあります。

特徴的なことは踵の一点を押すとそこに集中して痛みが出る場合がほとんどです!

足底筋膜炎に対しての施術内容

痛みがかなり強い状態に対しては
深部にまで刺激を与えて辛い状態を軽減させるハイボルテージ療法

炎症が強く、痛みが激しい状態に対してはハイボルテージという電気療法にて施術致します。

痛みの深部にまで刺激を与えて、炎症の症状を緩和させることで痛みを軽減させていきます。

ハイボルテージ療法 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

姿勢や骨格の歪みから足への負担を減らす骨盤矯正

施術の様子姿勢の土台である骨盤が歪むことで身体全体のバランスが崩れてしまい、足裏が本来着地する場所がずれた状態で歩くことになります。

それにより足裏に掛かる負担は、骨盤矯正で姿勢や骨格を整えて足裏が正常に本来接地する場所に接地させることで症状を軽減させていきます。

骨盤矯正 | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)

症状軽減と再発防止のためのインナーマッスルトレーニング

インナーマッスルトレーニングの様子体幹(インナーマッスル)の筋力が低下していることで身体のバランスを保つことが出来ずに痛みが出ている時は、ベッドに横になっていながらインナーマッスルを鍛えていくことが出来ます。

これにより足裏に負担が掛かりにくい身体を目指します!

インナーマッスルトレーニング | つつじヶ丘駅前整骨院 (tsutsujigaoka-ekimae.com)