野球肘

  • 投球時にボールが投げにくい
  • 間違った投球を繰り返してしまっている
  • 肘の曲げ伸ばしが困難
  • 投球後に、肘のケアを何もしていない
  • 投球時に違和感を感じる

野球肘は、名前の通り

野球をやっている方に多く出る症お悩みです。

成長期に起こりやすく

早くに適切な施術を行わないと

将来ボールが投げられなくなってしまう

可能性がある為、早期施術が必要になります。

痛みがでたら直ぐに

適切な処置を行いましょう。

 

野球肘とは??

野球肘とは一つの病名を指す名称ではなく、

離断整骨軟骨炎や骨端軟骨、靭帯損傷

さらに進行すると変形性関節症などの複数の病名を

一つにまとめた病名である。

 

野球肘は、成長期の子供に起こる事も多く

肘の障害の中でも代表的な疾患の一つである。

発症した際は状態によって

長期間休ませる必要がある為

予防の観点においても重要になってきます。

野球肘の原因は?

投球時のフォーム、柔軟性、投球後のケア

上記の事が原因に繋がります。

・肘に負担のかかるフォームで投げている

・腕の関節が硬くなっている

・筋肉が張っている

・練習後のケアがされていない

上記項目に一つでも該当する方は危険です。

痛みが出ているが放置してしまう方はいませんか?

痛みが出たら直ぐに施術を開始しましょう。

つつじヶ丘駅前整骨院グループでの施術方法

当整骨院ではまず、患部の状態をヒアリングを行い

ヒアリングを元に簡単な検査を行います。

施術方法として

痛みが強く出る場合は

ハイボルトという強い電気治療器使用し

細かい検査を行いながら

痛みを取り除きます。

ハイボルトの写真

また痛みが再発しない

予防という観点では

マッサージ、テーピング

などの施術を行なっていきます。

是非痛みでお悩みの方は

ご相談ください!